ぜったい経験したくない!不動産トラブル&住宅ローントラブル

土地の売却と購入

幸いにも恵まれたことに親から譲り受けた不動産があります。
と言っても、古い賃貸用アパートです。
築年数も古く入居者も入りにくくなり、固定資産税や修繕費用など維持管理の費用を考慮すると、今後持ち続けるには難しく感じたので、いっそ売却することに決めました。
うまく入居者も期間を定めて転居してもらえることになり、いよいよアパートを売却するために知り合いの不動産屋に相談に行きました。
しかし、築年数の古いアパートなどには買い手がないので、更地にして土地を売却する事なら可能だとアドバイスを受けました。
その場所は古くからの住宅地の中だし、丁度、庭付きの一軒家にするには適当な広さということで、売却予想価格も満足できる値段でした。
また同時に不動産屋が、今の自宅の裏の土地が売りに出される予定なので、それと買い替えをしたらどうかと言われました。
残念ながら買い替えても売却したのは自らの居住していた家ではないので、売却益にかかる税金は安くならないようでしたが、自宅裏の不動産を自分が購入する事で、土地が並んで広くなる事で裏手の土地までも資産価値が上がることになるから、全体的には得になると説明されました。
自分としても訳の分からない者に裏の土地を買われるのも不安感があったので、買い替えに同意することにしました。
ただ、売却時の手数料と購入時の手数料を不動産業者にまけてもらえるように交渉しましたが、あまり下げてもらえなかったのは少し不満でした。
しかし、自宅の土地が広くなると裏手の解放感は抜群で、風通しも良くなり日当たりも良くなりで、今は不動産を買い替えて良かったと思っています。
btmright (C)2017ぜったい経験したくない!不動産トラブル&住宅ローントラブル.All rights reserved.